コンシダーマルの全成分を徹底解析!副作用や危険性はない?

コンシダーマルスキンライズローションの全成分表はこちらになります。

 

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA−Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス−30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、PPG−6デシルテトラデセス−30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

 

コンシダーマル「スキンライズローション」に配合されている成分を1つ1つ解析し、その副作用まで調査しました!
基本的に、コンシダーマル「スキンライズローション」は香料・着色料・鉱物油・アルコールは不使用で、他には特に大きな副作用が心配される成分は入っていませんでしたが、気になる方は目を通してみてくださいね。

 


化粧品に使われている水は不純物を取り除いた純水で、副作用はありません。肌なじみをよくし、肌に水分を与えるために配合されています。

 

BG(ブチレングリコール)
多価アルコールの1つで、人体に安全な成分です。吸水性・保水性に優れます。

 

グリセリン
食品や化粧品に使用される毒性の低い成分で、動植物の体内に存在するアルコールの1つです。保湿効果があります。

 

シクロヘキサシロキサン
シリコンの1種で、安全性は確認されています。常温で蒸発し、塗ったときのべたつきを抑えます。

 

ベタイン
植物から抽出されるアミノ酸系の保湿成分です。天然成分であり、副作用もなく安全です。

 

DPG(ジプロピレングリコール)
植物から作られる保湿効果のある成分で、基本的には刺激性や毒性はありませんが、リンゴやトウモロコシにアレルギーがある人やアトピーの人は反応してしまう可能性があります。

 

トレハロース
糖質の1つで、低刺激で安全です。保湿力があり、肌荒れを抑制します。

 

SE(ステアリン酸グリセリル)
合成界面活性剤の1つで、乳化剤として使用されています。安全ですが、敏感肌の人は肌荒れの原因になることもあります。

 

プラセンタエキス
新陳代謝や血行を促し、新しいきれいな肌をつくります。希にアレルギー反応を起こす人もいるようです。

 

サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液
安全な成分です。肌なじみが良いため角層の深くにも保湿効果を与えます。

 

EGF(ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)
アメリカで発見された上皮細胞の成長を促進する成分で、皮膚を再生してシミなどを薄くします。毒性や刺激はありません。

 

セラミドNG、セラミドNP
それぞれ「セラミド2」「セラミド3」と呼ばれる安全な成分です。保湿効果、バリア機能があります。

 

スクワラン
安全で、肌なじみがよく保湿効果があります。

 

加水分解エラスチン
もともと皮膚に存在する成分で、安全です。皮膚の保護、肌質改善効果があります。

 

ヒアルロン酸Na
角質を柔らかくする効果、保湿効果があります。 副作用はありません。

 

水溶性コラーゲン
体内でアミノ酸に分解され、新しい肌の原料になる安全な成分です。保湿、肌のハリに効果があります。

 

アルギニン
アミノ酸の1つで、摂取量が多くない限り安全です。コラーゲンの状態を改善して美肌をつくります。

 

アスパラギン酸
アミノ酸の1つで、副作用はありません。保湿効果、肌荒れ改善効果があります。

 

PCA(ピロリドンカルボン酸)
天然成分で安全です。保湿効果があります。

 

グリシン
アミノ酸の1つで、副作用はありません。保湿効果と、肌を整える効果により美肌をつくります。

 

アラニン・セリン・バリン・プロリン
アミノ酸の1つで、副作用のない天然の保湿成分です。肌に美白、ハリを与えます。

 

トレオニン
必須アミノ酸の1つで、肌に塗る分には副作用はありません。サプリなどで摂取しすぎると、下痢や便秘の原因になります。肌には保湿効果と肌機能活性化が期待できます。

 

イソロイシン・ヒスチジン・フェニルアラニン
必須アミノ酸であり、副作用はありません。保湿効果があり、肌を柔軟にしてハリを与える効果も期待できます。

 

PCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)
アミノ酸の1つで、副作用はありません。保湿や肌を柔軟にする効果があり、肌荒れにも効果があります。

 

乳酸Na
天然の保湿成分で、安全です。乳酸ソーダとも呼ばれます。

 

クエン酸
副作用はなく、酸化防止効果と、肌のキメを整えるピーリング効果があります。

 

クエン酸Na
副作用はなく、保湿効果が期待できます。

 

塩化Mg
ミネラルで、安全です。収れん効果があります。

 

塩化Ca
ミネラルで、安全ですが、量が多い場合は敏感肌の方は反応してしまうことがあります。肌のターンオーバーの間隔を整え、美肌効果が期待できます。

 

シア脂(シアバター)
肌に優しい油脂成分で、安全です。保湿効果があり、肌の保護・再生が期待できます。

 

ホホバ種子油
肌に優しい油脂成分で、安全です。保湿効果があります。

 

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
美容液やベビーオイルにも使われる安全な溶剤です。

 

ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)
保湿効果があり、肌に柔軟性を与える安全な成分です。

 

ベヘン酸
菜種油から摂れる高級脂肪酸で、安全です。製品の乳化を安定化させる効果があります。

 

ラウロイルサルコシンイソプロピル
化粧品などに乳化剤として配合されます。希にアレルギーが出る人もいます。

 

ステアリルアルコール
肌に優しく安全で、保湿力と肌への密着性があり、肌を保護します。

 

べへネス-30
親水性の乳化剤で、安全です。保湿効果が期待できます。

 

エチルヘキシルグリセリン
保湿効果をもつ安全な抗菌成分ですが、目に入ると軽度の刺激を与えます。

 

フェノキシエタノール
植物由来の防腐剤で、パラベンの代替で使用されています。刺激性、毒性はパラベンと同じくらいあるとされています。

 

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー
保湿効果のある高分子乳化剤ですが、特に副作用はありません。

 

PPG-6デシルテトラデセス-30
非イオン性界面活性剤ですが、安全です。乳化安定剤として化粧品に使われています。

 

メタリン酸Na
酸化防止剤ですが、安全です。保湿効果があり、化粧品ののびや質感を良くします。

 

シクロペンタシロキサン
安全なシリコンの1つですが、わずかに皮膚刺激性があります。保湿、バリア効果があります。

 

トコフェロール
天然のビタミンEで、ユベラとも呼ばれます。活性酸素を除去し、肌の血行を促します。

 

ステアロイルグルタミン酸2Na
多くの化粧品の乳化に使用される界面活性剤で、安全な成分です。

 

ビサボロール
カモミールの製油から抽出された美白成分で、安全です。保湿、抗炎、収れん、殺菌、血行促進、かゆみ止めといった効果があります。
ポリ-ε-リシン
天然の防腐剤で、保湿効果もある安全な成分です。

 

マンニトール
糖アルコールの1つで、保湿効果がり、化粧品では副作用はありません。薬などの過剰摂取では、腎障害を起こすとされています。

 

コンシダーマルの最安値ショップはこちら

 

関連記事

コンシダーマルの成分のEGF(上皮成長因子)はどんな効果がある?

私のコンシダーマルの効果口コミレポはこちら